スノーウィー・マウンテンズ

魔法攻撃(X)
この攻撃のXは、イデアのボルテージの2乗に等しい。

物理攻撃

あなたか、あなたの配下が使用する   はコストが+3される。この効果では、コストが書かれていない場合のコストは0として扱う。

夢想回廊学は危険な座学である。
思考だけでも実践できるのは数学や理学に似るが、思考するだけで時には命をも落とすシリアスな危険性は他に類を見ない。
自我を引き裂く勢いで自分の認識を観察すると、全十八階層の広大な迷宮の実存に気づくのがこの奇妙な学問の入り口だ。
パターン化した思考を更新できないのろまな闖入者を食い殺す否認トカゲの巣をやり過ごし、苦悩の濁流を横切る価値変動の細道を抜けると、第二階層への階段を下って偽りの世界認識を脱することができる。
それは角度によって人間が文字に見えたり球状のオブジェクトに見えたりする程度の報酬であるが、人生に勝利するには十分に有用だ。
多くの者はここで引き返す。だがそれには満足しない者もいる。
十三階層まで来た《彼女》は、この迷宮全体を支える二本の柱を見た。
迷宮で何度か出くわして顔見知りになったノワールの大半はこの柱のことを天使や悪魔などと呼んでいた。
過半数のノワールにはそう見えるのだろうが、《彼女》は解釈が叙情的に過ぎると思った。
ものごとはもっとソリッドでいい。だから《彼女》には柱に見える。
右の柱の一部がキラリと光った。割れ目に何かがある。
手を突っ込むと鍵がでてきた。ゆっくりと蠕動する黄金の蚯蚓の如き生体が絡まって構成された不気味な鍵だ。
手応えを感じた。過去に何人の自分がここに着けたのかは分からないが、これは快挙だ。
鍵の使い方は直感できた。猫のようになめらかに。
《彼女》はその鍵を耳穴に寄せ、一息に中へと突き入れる。細長いそれは、鼓膜や蝸牛を貫いて脳まで届く。
蛮勇だが心配ない。死んでも壊れても良いからだ。自分は一人ではなく、そのうち一人でも真理に到達すればすべてはそこに収束する。
分化と変成を繰り返して自分の名前も忘れた《彼女》は、現象遡及目録にアクセスしてそのルーツを探りに行く。

  • テンペストにはボルテージがあります。プレイヤーと同じく1ターン目から1ずつ上昇しますが、行動によりコストを消費することはなく、バーストもしません。

  • あなたが使用する剣カードの一部の効果は以下のように変更されます。
    ・「露払いの白刃」 物理 コスト:4 リミテッド
     物理攻撃

     追加:イデアの起動ターンがX以下なら、イデアの行動から一つ選ぶ。次のイデアのターンの間、その行動は行われない。Xはこの攻撃でイデアに与えたダメージに等しい。
    ・「圧壊剣」 物理 コスト:5 リミテッド
     物理攻撃
     この攻撃のダメージを4倍とした場合にイデアのライフが0以下になるなら、ダメージを2倍とし、次のイデアのターンの間、イデアは上から2つの行動を行わない。そうでないならダメージは4倍になる。

    ・「束縛のスフェーン」 布石 コスト:1 リミテッド
     レスポンス(物理/補助)

     その行動を無効化する。その行動は次のイデアのターン開始時に再度使用される。(そのターンに2回使用されることになる。)
    ・「極光の空のオパール」 布石 コスト:1 リミテッド
     レスポンス(物理/補助)
     その行動がそのターン最後の行動なら、その行動を無効化する。

ルーリアの正常性偏向

  • あなたがイデアから攻撃を受けた時、あなたの防御力を1減らしてもよい。そうした場合、そのダメージを半分にする。
    (端数切捨)この効果は1度に複数回使用してもよい。また、この処理は他のダメージ補正よりも先に処理される。

2

8

イデアのライフが10以下で、防御力が2以上なら、イデアは防御力を2減らし、ライフを5得る。